ピーリングは危ないか?

傷跡やニキビ跡バイバイ!!

濃度と肌質を考えて!

やり方しだいで危険でも安全でも

にきび跡だけでなく、小じわや角質取り、美白などに使われるピーリング治療。このピーリングですが、何かとよくない噂をよく聞きます。

それは治療後の肌のトラブルです。にきび跡ならその部分だけでなく、関係のない部分の皮膚まで赤く炎症を起こし皮膚がただれるという内容です。美白目的ならほぼ顔の全部にピーリング処置をほどこすため、このようなトラブルになると深刻です。

これらのトラブルの原因は、その人の肌質の見極めとピーリング濃度の調節によると思われます。

人の肌は人それぞれ強さに違いがあります。ちょっとした事でかぶれるような敏感肌の人には、それ相応のケアを持ってピーリングを行わないとこのようなトラブルが起きる可能性があります。

事前の肌テストを行わず誰でも同じ濃度ではトラブルが起きるのは明白です。手間のかかる事前処置を省いていきなりピーリングを始めるような美容外科もあるとかないとかで、見えない部分が多く実態は不明なところが多いのです。

またただ単にピーリング液の濃度が濃すぎるという場合もあるでしょう。濃ければそれだけ効果が出やすいのでそのようにするところもあるかもしれません。

ただピーリングという行為自体が必ずしも危険ではありません。濃度を低くしてじっくり何度も処置すればまず問題は起きないでしょう。

ただそれだとかなり時間がかかり、何回も何回も通わなくてはなりません。そんな事が事前に分かっていればお客さんは集まりにくいでしょう。それよりは危険な可能性を隠して1回で綺麗になるというようなうたい文句の方が集客効果は高いのです。

ほとんどの美容外科はそんな事はしないでしょうが、極稀にそのような事をするとかしないとか・・・という美容外科の噂があるのです。実際肌に重大なトラブルを受けて、美容外科側とトラブルに発展している人もいるのです。

ピーリングは一度で効果を期待するものではありません。その事を頭に入れておく必要があるでしょう。そして正しくじっくり行えば、ピーリングは効果的に悩める症状を解消してくれるはずです。

ケロイド対策はこちら  にきび対策はちら  ニキビ跡のページ一覧に戻る

© 傷跡やニキビ跡バイバイ!! All right reserved.
コピーライト